2008年11月10日

Cでの仕切り直し、includeとexternを理解する。

まじめにCで仕切り直すことにした。
Cとdelphiの違い、それはヘッダーファイルとincludeとusesの違いだと分かった。
「学習レベル」のプログラミングではなくて実用的なプログラムの場合
ライブラリーなどを使いつつソースを分散してもリンクは最小限にしたい。
そういう事も含めて根本的な指針の為の確認を行った。
とりあえずdelphiの「include」とCのそれとほぼ同一仕様とみていいようだ。
それでどうした!......
ラベル:include SDL
posted by Xo_ox at 23:18| Comment(0) | C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

pcreでperl代替の道

ImageMagickの特にフォーマット変換とリサイズについては
Perlと同等にMagickWandが使えることが分かった。
Perlの代わりに「スクリプト」としてCを使うとなると揃えないといけないものが結構ある。
まず思いついたのは正規表現探索だった。
FreeBSDではデフォルトでPOSIX互換のregex.hがついてきているのだが
評判もいいようだしほぼ標準的に入っているのでpcreを使っていくことにした。
それでどうした!......
ラベル:pcre
posted by Xo_ox at 22:57| Comment(0) | C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

Cのテキスト関数でいろいろあがいてみる。

delphiなどのstringにしろperlにしろテキストの扱いは柔軟なのが当たり前なのだが
Cそのままでは手厳しい。
ライブラリーに手をだすにしろ
C自体を理解することも含めてべたのCのテキスト関数でいろいろ実験した。

あまり参考にはならないと思うがもっぱらdelphiとの仕様比較としてのC
そしてperlからの書き換えという視点で今回のまとめをしたい。それでどうした!......
ラベル:String
posted by Xo_ox at 22:09| Comment(0) | C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

hashいろいろ

スクリプト言語のオブジェクト型の実装をはじめ必須の連想配列
glib2にもその機能はあるが他にも選択肢があるようなのでいろいろ試してみた。
まずPOSIX標準のsearch、そして独自実装の道などだ。
それでどうした!......
ラベル:hash 連想配列
posted by Xo_ox at 23:27| Comment(0) | C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

拡張子の取得と文字処理への道筋

いろいろな足固めを視野に入れつつファイルアクセス関連をやっているのだが
「拡張子の取得」を効率的にやる事について考えてみた。
WindowsであればPathFindExtensionあたりを使えばいい話なのだがない。
regexかpcreを使う正規表現での切り出しがUNIXユーザーなら好きそうだろうけれど
どう考えたってコスト高だ。取り敢えずCの標準関数を中心に検討してみた。
それでどうした!......
ラベル:拡張子
posted by Xo_ox at 23:11| Comment(0) | C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

File::Find風味にftsを使ってみる。

File::Find風味のftwと比べるとftsは前後処理が結構面倒くさいのだが
関数型変数などを使って使いやすくしてみた。
今回は多少ライブラリー関数臭い物も使っているが原則libcオンリーだと思う。
typedefなどの理解も若干深まった。
今回はsortは時間と名前固定でselect関数を自分で設定する形の
ディレクトリ一括処理としてjpegファイルをリストするものを作った。
それでどうした!......
ラベル:ディレクトリ FTS
posted by Xo_ox at 19:52| Comment(0) | C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

CのMagickWandでPerlMagickに惨敗

毎朝写真を撮ってココログにアップしているのだが
デジカメからの最初の処理をPerlMagickでやっていた。
しかししょっぱなの起動コストが低いものの作業コストは
PerlMagickと変わらないかやや劣るという結果になった。
惨敗である。
ただし今回はmain関数内にfind_Lに渡すselect関数を置き
main関数内のローカル変数を使用するということをやってみた。
グローバル関数にローカル関数を渡して関数外の変数を使うことが出来た。
それでどうした!......
posted by Xo_ox at 11:57| Comment(0) | C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

perlのバックスラッシュ感覚でpopenを使う。

パイプってやっかいなイメージがあったので
Win時代はやろうやろうと思ってついにやらなかったのだけれど
unix系の場合は随分と使いやすい様だ。cだとwinでもあるみたいだけど
pipeより使いやすいpopenを使ってみた。
これはいわばperlでいうところのsystem命令か
「``」バックスラッシュでシェル命令を囲んでいるようなものだろう。
それでどうした!......
ラベル:popen Stray
posted by Xo_ox at 23:24| Comment(0) | C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

libjpegで画像を読み込む

djpegでいいと思うのだけれどlibjpegを使ってみた。
癖はいろんなソフトでも使っているのでわかりやすいが
使用法はクロスプラットフォームなソースのためわかりにくい。
今回は基本中の基本であるファイル読み込みをやってみた。
SDLサーフィスに直接読み込む手法は若干トリッキーかもしれない。
それでどうした!......
ラベル:画像 SDL
posted by Xo_ox at 01:18| Comment(0) | C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

webkit-gtkでのビルドのためのgeanyの設定

最近はビルドに当たってはgccでは無くてclangを使っている。
結果としてのバイナリには期待できるからだ。
元々makeは使わない派だがコマンドはほぼgccと互換なのが助かる。
それでも-sオプションが使えない等全て同じというわけでもない。

ちまちまとテストファイルを作ってビルドするに当たって
Makefileを作ったりするのも面倒なので
IDEであるgeanyをうまく使うことにした。
それでどうした!......
ラベル:WebKit Geany
posted by Xo_ox at 19:00| Comment(0) | C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。