2008年01月04日

MSYSでjpegビルド

jpegのgcc32での直接ビルドは「jconfig.h」がないためだめで、
どうも埒があかないので取り合えずMSYSを使ってなんとかライブラリを作れた。
それでどうした!......
ラベル:mingw jpeg
posted by Xo_ox at 22:53| Comment(0) | 借り物ビルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

delphi directSoundのDMOサンプル

マイクロソフトのDirectX SDKのSoundFXのdelphi移植版をビルドしてみた。
この移植はリソースベースのダイアログでスライダーやチェックボックスを持ち
ファイルサイズは69kbyte程度
IDirectSoundBuffer8にDMOのイフェクトをかけるというもので
長いサウンドには対応していないものの
フランジャーとかディストーションとかリバーブがかけられるものだ。
それでどうした!......
posted by Xo_ox at 21:00| Comment(0) | 借り物ビルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

SDLをビルドしてみる。

SDのページから
SDL-1.2.13-win32.zipとSDL-devel-1.2.13-mingw32.tar.gzをダウンロード
SDL-1.2.13.zipもダウンロードした。
最初の2つのファイルをインクルードとライブラリーに入れれば使えるようになる。
注意点としてはソフトによって「SDL/SDL.h」となっていたり直接記述しているから
2箇所に入れておくのも手だろう。

オリジナルサイトでdllを直接配布してくれるのは助かる気がする。

今回はSDLを使うためにそうしたビルド済みのdllとライブラリーを使うのではなくて
ソースからSDLをビルドするという事をしてみた。
それでどうした!......
ラベル:SDL mingw
posted by Xo_ox at 21:00| Comment(0) | 借り物ビルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

SDLの使用によるFreeBSDでのジョイスティック問題解決

いろいろ調べた結果SDLでJoystickをサポートしている事を発見した。
2Dソフトの場合wine経由でWindowsAPIを使うと結構表現力が簡単に得られるが
高級言語は別途考えるとしてもとりあえずgccでSDLを使うことでネイティブなプログラムが作れそうだ。
SDLのインストール方法としては自分でportからビルドしていくのもいいが
パッケージ化されている

というわけで基本的にSDLなどがインストール済みの現環境でサンプルのビルドをしてみた。
それでどうした!......
ラベル:SDL
posted by Xo_ox at 19:48| Comment(0) | 借り物ビルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

OpenALで音を出すのも一苦労。

OpenALをインストールした。
blenderのビルドに必要だったのだがその後freealutのビルドでこける。
freealutが悪いのかOpenALが悪いのか
それを調べる意味でも簡単なOpenALのテストプログラムを作った。
それでどうした!......
ラベル:OpenAL
posted by Xo_ox at 15:53| Comment(0) | 借り物ビルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

imlib2に期待して失望

ImageMagickのMagickWandは必要充分な機能を持っているものの速度が遅い。
代替となる妥当なライブラリーを探していて
「imlibの開発者が作り直した」というimlib2というのをみつけた。
サンプルとしてはbin内にいれるアプリのソースが適切だった。
とっつきはよくxlibでの文字描画などなかなか良さそうと思ったのだが
決められた使い方しか出来ない。
画像ローダーとして見た場合メモリーともパイプともつなげずファイルオンリーである点が痛すぎる。
いろいろやったのだがすっきりと手を引くことにした。それでどうした!......
ラベル:imlib2
posted by Xo_ox at 22:30| Comment(0) | 借り物ビルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。