2008年11月02日

Cに戸惑いを感じつつアプリの基本仕様をつめる。

今日はspcaviewのユーザーアプリケーションの構造を把握した。
基本的にはspca5xx.cにインターフェース関数が書かれていて
条件分岐でセンサー別の関数に分岐する構造を取っていた。
とりあえずLogicoolのカメラについてわざと違うセンサーにしたらうまく動作しなかったので
QV-30SVは現状の ブリッジ ZC3XX + センサー HV7131R データタイプJPGH で間違いないようだ。
jpeg出力は最初できないと思っていたのだが640x480ではできた。
その場合ファイルサイズは40kbyte弱で176x144の転送量より小さい。
つまりspca5viewではVIDEO_PALETTE_RGB24が宣言されていて
RGBでとりだしているが640x480のjpegにしてロスレスで間引いて小さくする方が良さそうだ。
それでどうした!......


ラベル:Webcam SPCA
posted by Xo_ox at 22:56| Comment(0) | FreeBSDアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。