2013年08月01日

ブログを再開。32bitCDからの64bit版ubuntu 13.04インストール。

数年ぶりの更新。
ゼロからのリセットとしての備忘録としてこのブログを再開。
windowsの動くパソコンはなく、FreeBSDはあまりのストレージの仕様の不安定さから捨てた。
プログラミングの主戦場はAndroidでPC用のツールに対しても興味はほとんどない。
電子工作の興味はarmマイコンとpic。

FreeBSDのメインPCのHDDがクラッシュし、
長らく使っていたPen4のwindows2000機が破損した後、
Androidタブレットとubuntuのlive CDで凌いでいたのだけれどきちんと環境を整える事にした。

今回はまずPCにubuntuをインストールするところまで、
実はunetbootinでwindowsでインストールusbを作ったつもりだったのだが、
どうもブート部分の書き込みに失敗していたらしい。
gparted liveにlinux版unetbootinをぶちこんでもライブラリ不足で動かない。

ちなみにAndroidでusbメモリに書き込む方法として、
usb host対応かつMSD対応かusb対応ルータを使うというものがある。
NexusシリーズはMSD未対応なので使えない。
自分の場合はルータ or Xperia AcroHD を使う。

で、
ネットにアクセスできるブート環境がFreeBSDのUSBかCFだけなのだが、
ubuntu 12.10以降CD-Rより要領が増えてしまいburncdでも焼けない。

そこで日経linuxの付属CDを使う事にした。
図書館でもCDの貸し出しも可能らしい。

手持ちのものは12.04なのだが、困った事に日本語版limix32bit版だった。
実のところこれの借り物モードが最近の主力だった。

現PCはメモリ4Gなので32bit版でもいいのだが、
Android SDK 等すでに64bit対応なので対抗する事もないし、i386のバイナリは最適化されてないので64bitの方が無難だと考えた。

unetbootin に縛られていたせいか標準ツールの存在を知らなかったが、
usb creater で任意のISOをusbに書き込める事がわかった。

ubuntuをliveモードで起動して
usb1に入っているisoを指定して
usb2に起動ディスクを作り
その起動usbによりubuntu 13.04 64bit版をインストールした。

今回は当面wineと32bit互換なしでできるところまでやろうと思っている。
posted by Xo_ox at 22:43| Comment(0) | ubuntu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

WebKitWebSettingsによる日本語フォントの変更

webkit/gtk+ベースのブラウザmidoriで思うようにフォントが変更できないという事もあったので
日本語フォントの変更についてはあまり期待していなかったのだが
若干の改善があった。結果midoriもconfigを手動で直すことで好みのフォントを表示できる様になった。
それでどうした!......
posted by Xo_ox at 19:00| Comment(0) | FreeBSDアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

webkit-gtkのナビゲートをトラップする。

WebKitWebViewにはコールバックというかgtk用語でいうところのシグナルを設定できる。
今回は気になるURLのナビゲーション部分をみてみた。既存の関数を使うだけでは
ナビゲートの横取りはできないようだ。
少なくともFreeBSD用の1.0.1では問題有りだった。
それでどうした!......
posted by Xo_ox at 19:00| Comment(0) | FreeBSDアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

webkit-gtkでHello World

アプリとしての形態を進化させる前に現状のWebkit/GTK+の自由度を探っていく。
シグナルを実装する前にまず任意のテキストを関数で表示できないか調べてみた。
webkit_web_view_load_string という関数が該当する様だ。
この関数が最新版ではないかもしれないが同等の関数があると思いたい。
それでどうした!......
ラベル:WebKit
posted by Xo_ox at 19:00| Comment(0) | FreeBSDアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

webkit-gtkでHello HTML

オブジェクトというかwebkit-gtkのウィジェットポンの最小コードでブラウザを作った。
但し将来関数として分割化されるでしょうからテンプレにはならない。
今回引数でURLを渡す形にしたのだがローカルファイルは「file://」が必要になる。
それでどうした!......
posted by Xo_ox at 19:00| Comment(0) | FreeBSDアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

webkit-gtkでのビルドのためのgeanyの設定

最近はビルドに当たってはgccでは無くてclangを使っている。
結果としてのバイナリには期待できるからだ。
元々makeは使わない派だがコマンドはほぼgccと互換なのが助かる。
それでも-sオプションが使えない等全て同じというわけでもない。

ちまちまとテストファイルを作ってビルドするに当たって
Makefileを作ったりするのも面倒なので
IDEであるgeanyをうまく使うことにした。
それでどうした!......
ラベル:WebKit Geany
posted by Xo_ox at 19:00| Comment(0) | C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

webkit-gtkでブラウザ表示への道の杞憂

ずっとwebkit-gtkを使ったブラウザ表示の方法を探してたのだが
資料は少なく
http://live.gnome.org/WebKitGtk

http://www.webkitgtk.org/
を起点にソースを落として中にあったGtkLauncherのソースや
そこの関数を検索してひっかかる

http://webkitgtk.org/reference/index.html
あたりがせいぜいのようだ。
WindowsでIEコンポーネント使うような感覚でブラウザができそうではある。
それでどうした!......
posted by Xo_ox at 19:00| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

shやtcshでファイルのフラグ立てをしてみる。

シェル言語でのファイルチェックは
shでもcshでも「-e」 を使うらしい。
無い場合は「!」
ディレクトリーに絞るならば「-d」ファイルならば「-f」
それでどうした!......
ラベル:SH tcsh .cshrc

2009年08月28日

veohでyoutubeのファイルの時の方法

veohでは結構youtubeのものをそのまま使っている動画も多い。
その場合fullPreviewHashPathには正しいURLが載らない。
それでどうした!......
posted by Xo_ox at 19:00| Comment(0) | perl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

動画のファイルサイズをチェックする。

get_video_infoで動画情報が取得できたので
ダウンロード前にファイルサイズのチェックをしてみた。
CurlでやっているけれどLWPでもできんでしょ。
それでどうした!......
posted by Xo_ox at 20:00| Comment(0) | perl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。